楽器大好き!

趣味は「楽器演奏」   。。。ならぬ「楽器収集」

                                                                                                                        

 去年に引き続き今年は9月の24日に発表会があります。(先生は年一回、恒例化したいらしい。)

で。
『今までにやった曲でもいいし、何か他の曲でもいいです。僕とデュオで出ましょう!』
と言われました。

実はですね~
ちょっと前に見た韓国ドラマの『夏の香り』のテーマだった
『シューベルトのセレナーデ』をぜひ弾きたくてやっとチェロ譜を見つけた所だったんです。
(ちなみに去年は『冬のソナタ』のテーマ曲だった^^;)

image

どんな曲ってこんな曲。




その譜面を先生に見てもらって
『これって難しいですか?』
と尋ねると
『ん~~~………ま、頑張りましょう。』
と仰り
この曲で出ることになりました。

『ん~~~………』が気になるけど。。。大丈夫か?私。

さて。

今月から個人レッスン。

元々入った時は個人レッスンだったんだけど改めて緊張。。。
緊張から玄関でグズグズ。

休日の旦那に行きは自分で行くように言われて
ギリギリになって家を出たらバスに乗り遅れ、
今日に限ってソフトケースだったのに
家に引き返す途中からゲリラ豪雨に襲われて
オソロシイ事にチェロが濡れてしまった。もう踏んだり蹴ったり。

帰ってきてすぐに乾拭きしたけどニスが後々どうなるんだろう~~?
膠は?

で。
結局毎度のごとく旦那に送ってもらってレッスンへ。

=====================

レッスンで先生は
『〇野さんの弱点は拡張ポジション(シャープ・フラットで左手の指を広げること)がうまく取れてない事だと思ってました。
ちょっと前の曲に戻るけどしばらく拡張ポジションを強化する曲をやって行きましょう。』
仰り
だいぶ前にやった曲をもう一度やることになりました。

今までは特に弱点を指摘してもらう事もなく
他のメンバーに『うまく』隠れて『何となく』弾けたら合格で流してたけど
個人になったらできない箇所を重点的に見てもらえるようになって
結果的には個人レッスンにしてもらって良かった!
少し後戻りになるけどここで悪い癖を直しておかないとね。

その分ごまかしが効かないけど頑張ります。

=====================

と。。。レッスンが終わるまでは良かったんだけど
その後義兄が入院している病院にお見舞いに行く予定だったのが
また『行きたくない病』で鬱々。。。
本当は月曜日に行く予定だったんだけどそれも『玄関グズグズ病』で行けなかったし
なんだかんだで旦那に宥め賺されて行ってきました。






昨日はチェロ友さん3人とランチに行ってきました。

今回は薬膳料理。


お恥ずかしながら今まで薬膳料理って食べたことなかったので
正露丸を潰したような味でもするのか?と思いきや
素材の味を生かして薄~い塩味ベースなのね。

image

こういう集まりが出来るのがグループレッスンの醍醐味だけど
個人レッスンになると寂しいな。
でも
『また誘うね。』
って言ってくれてるし、個人レッスンになっても時々連絡取ろうと思います。

友人の奨めで最近始めました。

『私って絵心がないからな~』
と敷居が高かったんですがやってみたら結構ハマります。
私の外出って通院かレッスンぐらいしか出かけないんですが…(そもそも発作で出かけられない。)

んで。
今日撮ってみたのがこれ。

image

良くいくリラクゼーションマッサージのサロンで譜面を出してパシャリ。


image

いや、チェロをやめたんじゃないの。
それはそれ、これはこれと言うことでまた私の趣味の『楽器収集』が。。。

これはレッスンに付く気はサラサラないので通販で三文楽器を買うかオークションで中古を買うか悩み中。
買うにしても楽器の知識がないのでとりあえず入門書を買った次第です。

まだパラパラとしか見てないけど運指に規則性がない???

管楽器の友人によると
『管は和音がないから簡単。』って言ってたけど(Clも実際そうだけど)
フルートってやっぱり難しいんじゃないの???

個人レッスンの時間が決まりました。
七月から1時~1時30分になります。


ちょうどいいバスがないんだけど
先生も30分早く来て下さるんだし無理は言えない。


黙ってる訳にも行かず今日メンバーにも話しました。

みんな驚いて引き留めてくれたけどついていけないのは事実だし
それで好きだったチェロが嫌いになるよりイイよね?

昨日は主人が新製品発表会で大阪に行くので
早起きして一緒に家を出ました。

先生が来る時間より早く教室に着きました。
みんなに知れずに先生と話すにはチャンスです。

昼前に来られた先生を捕まえて
「1回にレッスンで6曲、7曲の課題が出て1週間ですべてを練習して
間違いだらけでも何となく弾けるだけで合格を貰うのは納得出来ない。
私は1~2曲ずつ確実に弾けるようにじっくり取り組みたい。」
と話しました。

先生も真剣に話を聞いてくださって時間の調整をして下さる事になりました。

心は決まった。明日先生に個人レッスンに戻してもらうように頼んでみる!
。。。けれどどう切り出せば良いんだろう?
あれこれ考えると憂鬱。

そっくりそのままいえばいいんだけど
理由を聞かれて
『毎回6曲、7曲の課題を貰ってもついて行けないし、私は少ない曲できちんと弾けてから合格を貰いたい。』
って言うとそれって
『アナタのクラス運営が気に入らない。』
って言ってることにならない?私の考えすぎ?

 3月に出された課題のチャイコフスキーの『感傷的なワルツ』。



…もう6月だと言うのにまだ合格してません。
そりゃ、いっぺんに7曲もアチコチに飛びながら練習してたって
うまくなるはずもないと思うんだけど。

やっぱり私は2~3曲をじっくり練習したいな。

18日のレッスン帰りに修理に出したFrankが帰ってきました。
結局、ニスを盛ったり傷を埋めるには小さ過ぎる傷と言うことで
えぐれた部分のニスの色合わせだけでした。

image


『このぐらいの傷は楽器の個性ですよ~^^;』
とリペアさんも苦笑い。
私が神経質なのかしら?
(神経質ならそもそも傷つけない???)

このページのトップヘ