楽器大好き!

趣味は「楽器演奏」   。。。ならぬ「楽器収集」

                                                                                                                        

昨日のブログで少し触れましたが
1月14日、15日と伊豆に家族旅行に行って来ました。

二日目15日はあいにくの土砂降りの雨
当初、演歌好きの母の希望で
「天城越え」の歌詞に出てくる浄蓮の滝を見に行く予定だったのを変更。

伊豆ステングラス美術館に行きました。

館内はアロマの香りが漂い中世のお城を思わせる素敵な内装。

美術館を奥に進み3階に上がるとセント・ミッシェル教会に繋がっています。
ここで15分程のパイプオルガンのコンサートがあるとのことで
聞きに入りました。

concertop


本格的なパイプオルガンのある教会でで結婚式をしたい。。。と
北海道 旭川にあるセント・ポール教会で結婚式を挙げたワタクシ。
興味津々です。

私以外はあまり興味なさそうだったけど。 f(^^;

その日の演目は
①アヴェ・マリア
②トッカータとフーガ イ短調
③ゲド戦記
④威風堂々

でした。
そういえば、音は聞いてるけど演奏している所を見るのは初めて。
パイプオルガンって左手が上の段の鍵盤を弾いてるのね。

こちらのホームページから、私が聞いたオルガン演奏が試聴できます↓↓。
http://stainedglass-museum.com/izu/concert/index.html#weekend_cncert

今月でチェロを初めて1年11か月になります。

今年の年明けから、よそのクラスから来られた男性が加わって3人レッスンになりました。

ヤマハ大人の音楽レッスンのオリジナルテキストは第2課程の最後の曲
シューベルトの「アヴェ・マリア」

8分音符3連符でポジション移動があるのが難所ですが
やっと「チェロの鉄板」って感じの曲

DSC_0182


先週は私事ですが実家の母、弟夫婦とウチの夫婦で家族旅行に行って
初めてのレッスン欠席だったので
次のレッスンまでに遅れを取り戻さなきゃいけません。

さて、楽器出して練習しよ。

なんやかんやと雑用に追われているうちに更新が
後回し、後回しになっていて。。。
気が付くと1年以上も放置状態になっておりました。

読みに来て下さってる皆様、ごめんなさい~~~

この1年のうちにレッスンもボチボチ進んでいますが
また過去と現在を行き来しながら
更新していこうと思います。

不定期になるかと思いますが
どうぞよろしくお願いします。



皆様、新年あけましておめでとうございます

あっという間に三ヶ日が終わろうとしています。

さすがに正月早々、世間様に奇音を聞かせる訳にも行かないので
この3日間は練習していません

あ~、3日空いたら明日はだいぶ後退してるんだろうな

音が出せない=全く音楽を忘れていたわけではなく
せっかくの休みなので
今出されている課題の曲の背景を勉強していました。

音楽には表題が付いていたとしても
チェロの「●●が△△を表現している。」
という音的役割が必ずあるわけではありません。
(ピーターと狼のような音楽劇では、もちろんそれぞれの音役割がありますが。)
なので表題から自由にイメージをふくらませてもいいのですが
それでもその曲が出来た、時代背景や作曲者思いを知った上で
自分なりの表現を考えるものだと思っています。

まずは「コサックの子守唄」。
コサックと言うからにはロシア西部あたりの民謡であろうことは安易に想像が付きます。
でも「ロシア西部=うら寂しい旋律」と解釈するのは
少々性急でしょう。

ロシア西部=なぜうら寂しいイメージなのか?

と、色々調べてみました

そもそもコサックの民は戦争の歴史を繰り返している。
その中で、母親たちは
いずれ武器を取り兵士として戦地に赴く子供を送り出さねばならないのです。
自分の腕の中に眠る子供を見ながら、母達は不安と寂しさを抱いてこの唄を歌ったのでしょう。
。。。と言うのが私の解釈。

次にホルストの木星。
これはそれぞれの「星」をイメージした曲ではなく
占星術に出て来る神々をイメージしたものなのです。
例えば「火星」は戦争の神マルクス。
「金星」は平和と美の神ビーナス。

そして「木星」はユピテル。表題には「快楽の神」とあります。

ユピテルは森羅万象を手中に収めていた権威とは裏腹に
妻の目を盗んで(妻の名前はヘラだったか?)浮気もお盛んで
あちこちの神との間に子供がいます。
その無節操さから「快楽の神」と言われたのでしょう。

そう考えると私見ですが
これはユピテルの「愛の賛歌」。
朗々と歌うイメージ。

まあ、まだ習い始めて1年もなってないので
自分のイメージを表現するだけの技術力はないのが問題なんですけどね




 あれよあれよと暮れの用事に振り回されているうちに
もう大晦日

ブログの更新が滞っていてすいません

今日で練習納め(近隣の皆様、騒音垂れ流しでごめんなさい。)
26日のレッスン納めで出た課題のホルストの「木星」と
前回からの持ち越し課題の「コサックの子守唄」



第1ポジション、第2ポジション、第4ポジションの移動の練習曲を1時間程練習。

コサックの子守歌と練習曲はなんとなく形になってきました。

最後に9月に私の元にやってきた愛器「フランク」(先生に習って、私もチェロに名前をつけている。)に
感謝を込めてお手入れ。

私のお手入れセットは友人がプレゼントしてくれたこのカゴに入っています。
最初は
「ポプリでも入れて飾ってね。」
と言ってくれていたのですが、家に飾ってたら主人と私しか見ないので
諸々の小物を入れてレッスンバックに入れています。

CAD40T9Z

CAKF70D3



ヒル・オイルで今年付いた松脂を落とす。

アジャスターがだいぶ締まって来てたので
ニュートラルに戻してチューニング

う~ん、指板の手垢も気になる。。。
年が明けたらフィンガーボード・クリーナーとストリング・クリーナーも買おうかな?

来年は2日だけ休みで毎週レッスン。
(先生が11月に緊急帰国された分の補講が入るから。)

A木さんに置いて行かれないように頑張ります

これを読みに来て下さっている皆様。
今年1年ありがとうございました。
来年もボチボチ楽器の話を書いて行きますので
ぜひ読みに来て下さいね。





さて。
近頃休みがちの上、チェロの話ばかりになっていたので
久しぶりに
ピアノの話題です。

中学2年で後味の悪い辞め方をして以来
ピアノのレッスンにはついていません。
やめた後は楽器店で「ヒットソング曲集」のようなものを買って
その時々の流行歌を弾いていました。
 
現在は、先にも書いたように韓国人俳優のヨン様が好きなので
この2冊を購入
 
CALGRUF7


それにしても昨今は便利ですよね~。
10年以上前のドラマの主題歌の楽譜でもネットで探して買える
 
いくつかドラマがありましたが
今取り組んでいるのは「冬のソナタ」のテーマと挿入曲。
(いまさら。。。って感じだけど好きなんだもん。)



 

ピアノは暗譜しないと弾けないので中々進歩しませんが
出来ないことを咎める人も今はいないし。
自分のペースで楽しんで進めようと思います

全国対応高価買取専門店【楽器高く売れるドットコム】
昨日のライブの話の続きですが。。。
 
いまさら何を。。。って感じですが
「チェロはチェロのみにあらず、ギターはギターのみにあらず。」
 
チェロとギターとのセッションだったのですが
チェロのC線、G線を親指で強め目にピッチカートを弾けば
ウッドベースのパートを弾いているように聞こえます。
 
特に私は、アコースティックギターの生演奏を近くで見たことがないので
テクニックが新鮮に見えたのですが
つま弾いたり(アルペジオ)ストロークだけでなく
弦を指の腹で撫でたり
ボディーを右手の各所で叩いて数種類の打音を出す事で
パーカッションの合いの手が入ったり。。。
まるでトリオやカルテットを聞いてるようでした
 
打楽器を打楽器奏者としてやっていた時は
何を叩いても、何で叩いてもパーカッションになる事は百と承知だったけど
ギターを叩くと言う発想はありませんでした。
 
カホンのような音がして面白かったです。

 



暮れも押し迫り、なんやかんや忙しくてブログを留守にしがちですいません

22日はチェロを師事頂いてるウィリアム先生のライブに行って来ました。
アコースティックギターとのコラボです。
 
場所は京都地下鉄丸太町駅からすぐの町家。
駅から徒歩1分と書いてあるけど駅を出たら御所前の大通り。
建物はどれもビル
 
周囲を歩いたけれど分からないのでコンビニで聞いて
1つ先の信号を左に曲がるとの事でした。
 
CA8B3I9G


 
分かりにくっ

っと、そこまでは良かったのだけど
もう開場時間が過ぎているのに
何故かひっそり。。。
1階が雑貨店になっているので聞いてみると
「ウィリアムさんのライブ???22日…明日ですよ。」
と。
え?え?え?ええええええええ~~~~
 
私としたことが一日日にちを間違えて会場に来てしまったのです。
。。。それが21日の話。
 
近隣府県からまた22日も同じ道のりを行って来ました。
(ただでさえお小遣いが逼迫してるのに交通費と食事代が倍。。。)
 
楽屋見舞いの記事で私は
「時間を割いて聴きに来てくれただけでも嬉しいし、あってもなくてもその人との関係に影響しない。」
と書きました
 
その記事は正直な気持ちですが
私自身は、出演者から声を掛けてもらったライブやコンサートに関しては
終演後にお喋りするためのコミュニケーション・ツールとして
何かちょっとしたものを持って行ってます。

前回のフランス音楽のコンサートの時はメイプル・パイを。
さて、今回はどうしようかな~?
と思ったのですがちょうどシーズンだし。。。
これから先もたくさん聴きに行くとなると
お菓子やお花ではすぐにネタ切れになりそうなので
小さめのクリスマスプレゼントを用意しました。
それがコレ。

CAEG1T2N

 
「チェロ・モチーフのネームタグ」
楽器ケースに付けてもいいし、パスケースとしても使えます。
金額的にはお恥ずかしいものなんだけど
定員40人ほどの小規模なライブなので仰々しいのもなぁ~。。。と。
 
クリスマス・カードも添えたのですが
何せ中学1年の2学期で英語は脱落。
まあ、先生は漢字は「読めてるフリしてるだけ。」とおっしゃっていたけれど
会話は問題ないので、
日本語で書いてローマ字でルビを振るつもりでした。
ところがレッスンの相方さんは前回のレッスンでカードを渡されていて
英語で書いた。。。との事だったので
「相手の母国語を尊重したら、やっぱり英語かな~???」
と思い直してパソコンで無料翻訳を使いながら
カードを書き書き
それでも不安なので、最後に英語に長けた友人に添削してもらい
何とか書けました。
(実は、レッスンより宿題より、何より手紙、カードの類が一番ハードルが高かったりする。)

CAK7UTIF


 
先生から伺っていたのは終演後にちょっとしたお茶会?があるとの事でしたが
開場と共に結構人が集まっていたので開演前に雑貨店奥のスペースで
紅茶を頂きました。
 
実はライブ形式を聴きに行ったのは初めてなのですが
(○○アリーナとかホールとかでの大規模ライブは行ってるけど。)
お茶会も、目の前で先生とギタリストが最終打ち合わせをしている。
物理的にも精神的にも演者と観客の距離の近さを感じました
 
14時半開演。
その頃には立ち見も出ていました。
予約しといて良かった~

このデュ オは組んで1年ちょっとになるそう。
バンド名を思案中だそうですが
一番の候補は
「Venga!Venga!」(ベンガ!ベンガ!=スペイン語で"おいで!おいで!")だそうです。
オープニングからいきなり軽妙なサンバで始まります。
(すいません、プログラムがないので曲目が分かりません。)
今回のライブのチラシを頂いて一番興味があったのが
このサンバなのです。
吹奏楽部時代、もちろん何曲もサンバ、タンゴ、スイング・・・
とやってきましたが
どうもサンバと言うと金管、ラテン・パーカッションあたりがメインのイメージしかないので
チェロのサンバと言うものが興味津々でした。
 
ところが。。。
合うんですね~チェロとギターにサンバって。
 
ライブはMCを交えながらスイング、ボサノヴァあり、バッハあり、オリジナルありで進みます。
このMCがまた面白い。
レッスン中もいつも楽しい雰囲気を作ってくれる先生ですが
また違う顔?
アメリカ人の先生だけどまるで漫才のボケでした
 
オリジナル曲では客の手拍子あり、リフレインあり、笑いあり
(全く違う曲なのに間奏でなぜか"ゲゲゲの鬼太郎"のフレーズが入ったりする。)。。。
こういう演者と客の一体感って純粋なクラシックのコンサートでは
なかなか味わえない楽しい所。
そもそもギターやピアノの弾き語りは聞いたことあるけど
チェロを弾きながら歌う人を見たのは初めてです。
 
ライブは短く、1時間程でしたがラストは勿論
ギターにチェロとくれば
ピアソラの「リベル・タンゴ」。
生で聞いたのは初めて。
やっぱりカッコイイ~~~
 
チェロのための無伴奏曲と並んで、私が好きな曲です。(鉄板ネタだけど)
 
アンコールが2曲あってライブはお開き。
 
用意したクリスマス・プレゼントを渡しながら
今日の感想や技術上の質問をしたり数分お喋り。
今日は夜の部もあるのでそんなに引き止める事もできないので
写真は撮ってません。
 
さて。でもいつまでも余韻には浸ってられません。
先週の木曜日に出された課題から第2ポジションが入っています。
持ち越しの課題になった
「The Rose」も仕上げなくてはいけません。
 
あ~、頑張ろう!

サクラ楽器本店オープン!



しばらくずっと、チェロの話が続いたので
今日はまた、パーカッションパートに入った頃の話に戻ろうと思います。

初めての演奏会である町内の吹奏楽団との合同演奏会は
いわば「補欠」で
打楽器奏者の人員が不足している曲だけ出ました。

「クラウン・インペリアル」
ではティンパニを叩くS先輩の「譜めくり」役。

(↑↑参考動画につき所属していた吹奏楽部とは関係ありません。)

今日は「譜めくり」のお話です。

たかが楽譜のページをめくるだけと侮るなかれ。
世の中には「譜めくり」でバイトをしている人もいるほどです。

管楽器を見てみるとオーケストラの場合は2人一組で吹いていますから
(この二人組みの事を"プルト"と言います。)
どちらかが手を止めてめくっても音が抜けることはありません。

ピアノの場合はピアニストの左側(ステージの奥側)に座り
絶妙なタイミングでめくっています。

譜めくりをしようと思ったら、曲の繰り返し(ダル・セーニョなども含む)部分を
ちゃんと把握していなければいけないし
間違っても
「あれ?今、どこを弾いているの?」
。。。と楽譜から落ちる事は言語道断です。
また、気をつけなければいけないのはめくる時の物音。
「パサッ・・・」
と音を立ててはならないのです。

なにせそれまでは最前列でクラリネットを吹いていたのですから
ティンパニーが演奏している姿を後ろから見ることはありませんでした。
ですので、S先輩の譜めくりをしながら
マレットをすばやく持ち替え、曲途中でチューニングを変え。。。
(うちの高校のティンパニーはチューニング・ゲージなんて付いてなかった。)
思っていたより忙しい、演奏中の打楽器奏者が新鮮に見えたものです。
今思えば、そこから学べたものはあるはずだけど
当時は羨望のまなざしで見ていただけでした。

と。。。
ピアニストやら余剰人員がある場合なら良いですが
スクールバンドでは殆ど自分でめくらなくてはいけません。

●譜面のつなぎ目部分を暗譜して次の休符まで持たせる。
●次の休符までの楽譜を切り貼りする。
●すぐに休符があるなら余白に次の休符までの譜面を書き足す

など、奏者はいろんな方法で譜めくり問題に対処しているのです。

 

昨日は2週間ぶりのレッスンでした。

第一ポジション第四ポジションの移動が随所に出て来る
この曲は音程が悪いんだけど合格
クリスマス・バージョンのシールを頂きました
(↑↑いい歳したオバちゃんだけど、合格シールが嬉しいヒト)

CA6U6T0B

コピー譜とはいえ、書き込みだらけですいません

「The Rose」は次回に持ち越しとなりました。

。。。で。
今日出た宿題は旬なので
「きよしこの夜」
コレは置いといて\(°□°\)(/°□°)/

問題はこの譜面。
CAT47SPP


(L.R.Feuillard著・Le Jeune Violoncelliste Volume 1より引用)
下半分のエチュードは上のパートだけで良いと言う事なので
譜面を渡された時は
「な~んだ、今までのより動きも少ないし楽勝~
と思ったのですが、家に帰ってよく見たら。。。

ん?
2e.Position???

よくよく譜読みすると、A線のDの音(第一ポジションでは小指で押さえる所)を
中指で押さえると書いてある

な、何の説明もなしで、いきなり第2ポジションですかっ

ウィリアム先生は新しいテクニックを教える時
余り最初から説明せずに
とりあえず自己流でやって行って、それを見て修正を掛けて行く事が多いのです。

余り深く考えずにやってみよう。。。不安だけど 全国対応高価買取専門店【楽器高く売れるドットコム】

このページのトップヘ