お盆休みが明けると文化祭の練習に
またまた朝から晩まで部活漬けの日々。

9月のはじめ、文化祭前日の事。
合奏練習の前にドラムのタムタムをチューニングしていた時でした。

今思えば、ドラムを初めて演奏するのにチューニングなんかさせるのもどうか?と思うのですが。

打楽器のチューニングと言えばスネアドラムもバスドラムもティンパニーも
対角線状に締めていくのが鉄則なのですが
当時の私は、そんな事を教えても貰わなければ
知りもしない

1か所をキリキリキリキリ。。。締めていたら

バリッ!!!!
前日だというのにHi-Tamのヘッド(皮)を割ってしまったのです

合奏練習に参加している場合ではありません。
我が母校の吹奏楽部がいつもお世話になっている楽器屋さんは名古屋。
持ってきて貰うわけにも行きません

当時は携帯電話などありませんから
音楽室の電話から外線で
学校周囲の楽器店に片っ端から電話しました。

しかし、田舎なので中々打楽器のヘッドまで在庫を置いている楽器店は見つかりません。

範囲を広げて電話すると2つ隣の町の楽器店にありました。

早速、電車に乗って3駅。
無事にヘッドを買うことが出来ました。

大急ぎで学校に帰って
今度は当時打楽器パートの
先輩だった現・主人がチューニング。

その日は、下校時刻の19時をとうに回った21時半。
やっと家路に着く事が出来たのでした。