今日のピックアップはこちら。



タイトルの「メトセラ」とは旧約聖書に登場する長寿の族長の名で969才まで生きたと書かれています。

 曲は打楽器群と吹奏楽の協奏曲風大きく3つの部分から構成されていて
無調で現代をあらわす前半部
6人の打楽器のみで演奏される中間部
調性のある後半部~フィナーレ出来ています。

曲全体が打楽器の演奏を挟んで無調と調性
現代と過去といった対比を表現し
また各部分でも管楽器と打楽器が理性と感情
西洋と日本といった対比を表しているのです。

ところが。
こんなに打楽器がカッコイイのに
いつ演奏したか全く覚えていないのです。

パートはボンゴ&締め太鼓でした。

最後に所属していたY吹奏楽団では技術的に無理だったろうから
高校かOバンドでやってるはず?