高校のある日の事。
私は体調が悪くて部活を休みました。

基礎練習、楽器の個人練習が終わって合奏体系になると
顧問の先生は打楽器の面々を見合わせて
「あれ?今日、デストロイヤーは?」
と聞いたそうです。

で。。。デストロイヤーって。。。

しかもみんなそれが私のことだと理解したらしく
ほかのパートは後ろを振り返り)
部長は
「今日は熱があって休みです。」
と、誰と疑うことなく答えたそうです。

ま~
タンバリンを叩き割り
ドラムヘッドを破ったことは数知れず。
ティンパニヘッドは2枚。
シロフォンのバーまで叩き割ったヤツですから仕方ないか。

そののち20年以上が経ち
SNSで高校の部のコミュニティーに書き込みをしていたら
同じパーカッションの後輩と思われる人に
「もしかしてデストロイヤー先輩じゃないですか?」
と書き込まれ
さらに驚いたのは学年がかぶっていない6つも下の後輩にまで
「先生がずっと話してはりました。デストロイヤー先輩、有名人ですよ。」
とまで。。。
もっとイイことで有名になりたかった~~~