18日のレッスン帰りに修理に出したFrankが帰ってきました。
結局、ニスを盛ったり傷を埋めるには小さ過ぎる傷と言うことで
えぐれた部分のニスの色合わせだけでした。

image


『このぐらいの傷は楽器の個性ですよ~^^;』
とリペアさんも苦笑い。
私が神経質なのかしら?
(神経質ならそもそも傷つけない???)