楽器大好き!

趣味は「楽器演奏」   。。。ならぬ「楽器収集」

カテゴリ: レッスン報告

昨日はレッスン…のはずでした。

所が教室まであと3〜5分で着くと言う所で十字屋から電話。

『むむ…イヤな予感…』

と思いながら電話に出るとヤッパリーーー!
急遽休講になりましたと。
それも理由が「先生が忘れてた。」ってどうなのよ〜〜

せめて連絡は出掛けるまでに欲しい(ーー;)。
せっかくK駅まで出てきたので眼科だけ行って帰ってきました。

先日の『おくりびとのテーマ』に続き
『風の名前を教えて』と、しっとり聴かせる曲の課題が続いています。

前々からビブラートには憧れていたけどこの曲でビブラートが使えたら格好イイだろうな~~~~と思い、生意気かと思ったんだけど先生に
『この曲でビブラートを掛けてみたいんです。』
と直訴。
『よし!じゃあやりましょう!』
と快諾して下さりビブラートの掛け方を教わりました。

左手の動きはちょうどドリンク剤を持って上下にシェイクする様にするのだそうです。

やってみると右手のボウイングまで揺れる(^^;

でも憧れていたビブラートをせっかく教えて貰ったんだから頑張りますp(^^)q。

昨日はレッスン。
朝から大雨とすごい雷で毎度の玄関グズグズ病がお出ましになったのですが
遅番の主人に車に押し込まれ駅で降ろされました。
電車はなんとか発作なく乗れて無事教室に到着。

 レッスンでは先週から出されていたという譜面。
映画「おくりびと」のテーマとボンバティエのTanborin。

 「おくりびと」は第6ポジションまで出てくるので音色の研究が必要です。


先日のレッスンで先生から新婚旅行のお土産を頂きました。
ハワイのポストカードです。

image

裏には先生のメッセージ付き。
image

で、英語の苦手な私には手に負えず友人に訳して貰うと
=============
ありがとう!
あなたの勤勉と熱心なチェロのために。
あなたの継続的な進展を楽しみにしています。
=============
・・・と言う意味らしいです。
継続的な進展ね~。
地道に頑張ります。





この7月は先生が自身の結婚式のためにアメリカに帰国されるので
1ヶ月休みになります。

なので昨日のレッスンは新しい宿題を決めました。
(発表会前にやっていてまだ合格をもらってなかった曲は忘れ去られている。。。)

1曲はビリージョエルのロンゲスト・タイム



2曲目は「スマイル」



3曲目は先日の発表会でKさんが弾いてて素敵だったので
先生にお願いしてシベリウスのファンタジア。
(参考動画なし)

の3曲になりました。1ヶ月と言えば長いようだけど
たったレッスン3回分のことよ?
できるのかしら3曲も。。。


先週からパソコンの具合が悪くて記事のアップが滞っていました。
すいません <(_ _)>

話は遡り木曜日のレッスン。
先生がフロントスタッフに聞いたところ
今度の発表会で実際に使うイベントホールが空いていたので
急遽3クラス合同でホール練習をすることになりました。

42

こちらは観客役?のぷっぷるちゃん。

aviary-image-1465487416559

同じクラスの中で1人で弾くのも緊張するのに他のクラスの3人にも聞いてもらうとなると
緊張して緊張して。。。

当日は17~8人の中で弾くんだよな。
大丈夫か?私。。。

私がソロで「最初から今まで」をやることは早くから決まっていたものの
他の2人の曲が決まっていませんでした。
それが今日になってやっと決定。

Iさんがメロディーラインを弾く「見上げてごらん夜の星を」。
Aさんが主旋律を弾く「歌劇セルセよりラルゴ」。

「見上げてごらん夜の星を」は私も主旋律を弾くことになりました。
自分がソロの曲じゃないとはいえ
しっかり練習して足引っ張らないようにしなきゃね。

当初、6月の26日と言っていた発表会が19日に前倒しになりました。
26日はISLS(脳卒中初期診療の講習)予定が入ったから
良いと言えば良いけど
前倒し=1週間練習する時間が減る
のは頭が痛い。

そんなこんなで最近やっとグループで演奏する曲が決まり
「見上げてごらん夜の星を」をすることになりました。

私個人の演奏は大好きな「冬のソナタ」のテーマ。
「最初から今まで」



一人で練習していると瀕死状態でグダグダだったけど
昨日のレッスンで先生にユニゾンで弾いてもらい
ピアノ伴奏が入るとそれなりの形になった???
(先生に上手く隠れられただけ。)


昨日のレッスンで先生は私に
「このチェロ、名前は付いてますか?」
と聞かれた。
いや、この質問何回かされてるんだけどな。。。

「Frankです。」
と答えると私のチェロをひとしきり弾いて
「確かにこのチェロ、男性ですね。」
と仰った。

ん?男性?
なんとなく名前は付けたけど、楽器に性別ってあるのか?

「楽器に性別ってあるんですか?」

「ありますよ。このチェロは男性でもっと弓(アップダウン)を使って
もっと奏者に引っ張ってほしいタイプ。
逆にAさん(相方さん)の楽器は女性で奏者に色々表現されると嫌がるタイプです。」
と。

そうか~。Frankはもっと私に構ってほしいのか~~~

先日に引き続き
昨日はチェロソナタの第2~第4楽章の譜面もいただきました。

DSC_0444


初見が利かないので階名を書き込み指番号と弓順を振って
弦を色分けして書き書き。。。


DSC_0448

拍子感がある曲は割と得意なのでゆっくりなら初めて弾いても通しで弾けました。

これは慣れたらどうってことないかも。。。(あんまりデカい事言わんとこ。。。)

このページのトップヘ