楽器大好き!

趣味は「楽器演奏」   。。。ならぬ「楽器収集」

カテゴリ: 練習日誌

今日から3日間、従妹の結婚式のために博多に滞在中です。

けれども宿題は満載で以前からの
『おくりびとのテーマ』
『風の名前をおしえて』
に加えて先日のレッスンで
『目覚めよと呼ぶ声あり』
『ボンバティエのメヌエット』が2曲。

いくら来週がお休みでも練習する時間がない

・・・と言うことでホテルに譜面を持ち込んで譜読み。

image







































ボールペンをネックに見立ててビブラートの練習。

image





































あああ~~~練習時間が足りないよぉ~~~~~

不特定多数の方が読みに来られる場なので
原因までは書けませんが
ここの所、練習する気になれずパッタリと10日程弾いてませんでした。

前回レッスンを休んだのも雪が降ったのをイイことにちょっとおサボり?

こんな事ではいかん!!

。。。と、やっと昨日から練習再開。
でも楽器は正直なのね。
指が回る、回らない以前の問題で音が鳴らない。
特に弓先になると「カス~~~…」って音しか出ない。

あ~~~。
明日から真面目にやろう。

随分昔ですが一時期、「睡眠学習」なるものが流行ってました。
英語なんかを睡眠中にヘッドフォンで聞いてたら喋れるようになったとか言うやつです。

流行った当時は試したこともなかったのですが
今回の課題のヘンデルの「水上の音楽」があまりに拍子感がなくて通しで弾けないので
昨夜はネット散歩しながら先生の模範演奏をリピート再生。
そのうち寝落ちして
朝まで延々と流れていました。

以前、入院中に韓国語の歌をリピート再生しながら寝たら
歌えるようになった事があったのですが
今回も

今日練習したら あら不思議。
指を覚えてないからゆっくりだけど
弾けるようになってるのです

睡眠学習って本当に効果があるのね。
流行った時にやってたら英語も話せるようになってたかも知れません。

弾いた瞬間、ピッチを修正する癖
弓のコンタクトポイントがブレる癖

のみならず
私にはもう一つの悪癖があります。

それは「左手の中指の潰す」癖。
潰す。。。と書いても説明しづらいので写真はこちら。

DSC_0297
↑正しいフォームはこちら。
(ううう@@@肉が付きすぎてクリームパンみたいな手)
1~4の指のアーチが保たれています。

一方↓は私の癖で
中指、薬指の第一関節が反っています。

DSC_0298

ハイ・ポジションではこんな感じ。





DSC_0302


×

DSC_0300


せっかく長期レッスンをお休みする機会はないので
(…って、あと1か月半ほどだけど。)
この癖を直すチャンス!

とは言ってもこれは直すためのアイテムもないので
弾いている時に時々手を見て正しいフォームを確認しながら弾くしかないですね。

ツギハギ・レッスンを休会して3週間。

音階練習をこってりやっているのですが
気になる事があります。

松脂が付いている範囲が広い(・・;)

・・・と言う事は弦に弓が当たるコンタクト・ポジションが
弾いているうちにブレていると言う事。

はぁ。

今頃こんな基本的な事が出来てないのね

チェロを初めて間もない頃に使っていた「弓位置矯正ギプス」(←勝手に命名)を引っ張り出して来ました。
(写真はFrank購入前に弾いていたレンタル器)

24472089_1936486809_31large
24472089_1936486807_117small
24472089_1936486811_214large

このように2本のワイヤーの隙間しか弓が当たらないようにするのです。

ところがコレ。常に棹がワイヤーに擦られるので弓が傷だらけになりそう@@@

明日から楽器のおまけで付いてきた弓で練習する事にします。

「こんなに教室運営に振り回されるなら11月まで自主トレで頑張る
と啖呵切る格好で休会した手前
私にも
何が何でも「W先生が帰って来て一定の成果を認めさせたい」意地があります。

まず。
第一に「練習ペースを落とさない。」

レッスンがないからと言って「まあイイや。」とならないように
に居る日はたとえ30分でも楽器を触る。

次に掲げた目標は
「日頃出来ていない基礎練習を充実させる。」
事です。

そしてこの6日間。
主人が休みで買い物に行った1日を除いて毎日練習は続けています。

曲に入る前にチューニングメーターをにらみながら
ひたすら
「ド~~~~レ~~~~ミ~~~~ファ~~~」
とロングトーン。

音程が安定しているか?
音色が乱れていないか?
ボウイングは均一か?
左手の指の形が崩れていないか?

をチェックしながらやってたら裕に1時間半はかかります。

音階ロングトーンしかやってないのに
エアコン掛けてても汗はタラタラ。
右腕プルプル。
左の小指の尺骨側にはマメ。

基礎って真面目にやったらこんなにシンドイのね~~~~~

数日チェロの話を書いていませんが
地味にちゃんと練習してますよ

相方のAさんは1曲だけをやるのが飽きるそうで
何曲か課題をもらいたいそう。

私は逆に1曲ずつ片付けたいタイプなのでYAMAHAの教科書と44番は後回し。

IMG_20150628_0001


出ましたハイC(ジュースじゃありません。)
とうとう第7ポジション。

ここまで指間隔が狭いと殊更音程が悪くなります。

IMG_20150628_0003

これは練習時間さえあれば何とかなりそうな・・・
(先日の例があるからあんまり舐めた事書かんとこ。)

IMG_20150628_0004

これは見ただけだと目がチカチカするけどポジション移動はないので
ゆっくりだけど弾けるようになってきました。

さて、問題の44番。
このシンプルなのに詩的情緒を考えなければならない曲。
これって。。。

214b02bf-sのコピー

やっぱりシューマンか。。。



頼まれ物の譜面起こしも急ぐと言えば急ぐけど
本来の宿題もあり。。。

今日は先週出た課題のシューマンの「La-Briese」
の譜読みと初見


IMG_20150619_0001


ポジション移動は第1~第4。

置き換えなのでとんでもなく音程が狂うと言う事はなく
いくら初見が苦手とはいえ
これは大丈夫

んで。
ここからが問題。

シューマン節といいますか、波の揺らぎのような強弱使いをどう弾くか?
中盤のrit→フェルマータ→ア・テンポをどんな感じにするか?

この辺りが先生に突っ込まれそうです。



さて。

昨日は遊びに行ってたので
今日は1時間ほどしかなかったけど練習しました。

先週のレッスンではエルバッハの第3楽章は
「余裕があったら見てきて下さい。」
としか言われていなかったので
日曜日の講習の準備に忙しかったのもあって
「余裕がなかった」ので真に受けて練習していかなかったら
相方のA木さんはちゃんと練習してきてました

仕方なく先生の前でいきなり初見で弾いてみたけど
初見力がない私は轟沈。。。

さらに第2、第3とも合格してないのに
第4楽章が追加になりました
IMG_20150509_0001_0001


IMG_20150509_0002_0001

先週出た課題のAllegrettoの2枚目7小節目の3拍目。
第一主題が出てくるのに
譜面の通りに弾くと冒頭はダウン・ボウで始まるのに
ココでアップから入る事になります。

で。
先生に質問したら
やっぱりココはダウンに弓を置き直して弾くとの事。

なので今日はその修正で練習。

次に新しく出た第4楽章の初見。
IMG_20150613_0003

譜面ヅラはポジション移動も跳躍ではないので=112ぐらいで弾けたけど
(※1)Gigueなのでソコソコ速い。
=160ぐらいでは弾かないと舞曲っぽくならないよな~
・・・っと
明日は練習してなかった第3楽章と
きの第4楽章のテンポアップの練習をします



(※1)Gigueについて
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%B0_(%E9%9F%B3%E6%A5%BD)

さて。
日曜日から封印していたチェロ
月曜日は主人が休みだったので
新たに出た課題、エルバッハの組曲の2楽章。(Allegretto)譜読み

第1~第3ポジションだけ。
バロック音楽で
次のフレーズも何となく想像できるので
さりとて難しいわけでもなさそう。


IMG_20150509_0001_0001
IMG_20150509_0002_0001

っと言う事で昨日はやっと楽器を出して練習。

やはりいくら初見が苦手な私でもそれなりに弾ける

実質あと1日、明日しか練習出来ないけど
何とか形にしてレッスンに行けそうです

このページのトップヘ