楽器大好き!

趣味は「楽器演奏」   。。。ならぬ「楽器収集」

カテゴリ: 練習日誌

一昨日に引き続き
昨日もたっぷり時間が取れたので3時間半の練習

1時間かけてC-dourの音階、3度、5度の分散和音。
3度の跳躍、4度の跳躍、5度の跳躍。

3度、5度は割と簡単だけど4度はちょっと難しい

ロンベルグの小品、Areaは通しで弾けるけどポジション移動後の音程が
まだ正確に取れません

「見上げてごらん夜の星を」
はまだ1番チェロ、2番チェロともに凡ミスが2か所ほど直らず。

直ってはいないんだけど3時間もすると練習に飽きてきて
好きな曲に走ってしまいました

一昨日に引き続き「キハのテーマ」。
あと、以前のレッスンで取り入れてもらった「最初から今まで」

レッスンでやったのにしばらくぶりに弾いてみるとスッカーン。。。と忘れていました
これも思い出すのにしばらくかかりそうです。

まだ30分ほどは時間があったのですが右肩の骨折の跡が痛み
主治医から負担をかけないように言われているので練習終了。

寝る前になっても痛むので今夜は湿布を貼って寝ます。

木曜日のレッスンに行けず自己嫌悪に陥っていたのですが
いつまでもクヨクヨしてても仕方ないし。

「ええいその分練習して来週は今出ている宿題全部。トリプル合格決めてやろうじゃないのよ
と、今日は午後から。。。気付いたら4時間も練習しました
なんか右肩が痛いと思った

先日購入して「ハノンもどき」のC-dourスケール、3度の音階、5度の音階の後
跳躍の練習。

「毎回10分、基礎練習の時間を取る」と公言しながら
こってり1時間。

メトロノーム、チューナーを両方鳴らして
ゆっくり音程を確認しながら
テンポを正確に感じながらの練習でした。

1時間の割に進んでないけれど
基礎に関しては、
次々進む事より確実に出来るようになってから先に進んで行こうと思います。
・・・・・って、続くかな?
一時の「基礎練習熱」に終わらず続けなきゃ意味ないよな~

「見上げてごらん夜の星を」
は、最近2番チェロのパートをメインにやっていたので
1番パートも両方
時間ずつぐらいはやったかな?

しばらくやってないと弓順やらポジション移動の間違いなど
凡ミスが目につく

音色がどうこう以前のモンダイ。。。

ロンベルグの小曲とAriaは ゆっくりならまあまあ弾ける。
これも軽くおさらい。

今日のお楽しみ曲は太王四神記の「キハのテーマ」。キハノテーマ1
キハノテーマ2

先日は初見だったから[A]小節目2拍目の弓の運びを変更したほうが良いか?
と思ったけど
慣れてきたら、まあどうってことないので結局譜面の手直し箇所はなく
このまま弾く事に
なんとか通しで弾けるようになったので
次からCDに合わせて遊ぼうと思います。


またまた教則本を買ってしまいました。

1432719908633

1432719976292

「チェロ スケール レッスン」と言う本です。
曲集のような楽しさの要素は全くない
いわば
「チェロ版ハノン」です。
ピアノをしている時、蕁麻疹が出そうなほど嫌いだったハノンですが
これを事もあろうに自分から手を出すなんて


現在師事頂いている先生は
曲を数こなしながら問題が出てきたら
そこを強化する基礎練習を取り入れる方針。

でも経験上やっぱりハノンのような苦行を積む事も上達には必要なのかな?と…
自主練習のために購入したのです。

今日はハ長調の音階と3度、6度の分散和音をやってみましたが
やっぱりピアノの時同様。楽しくはないです

旧大阪市音楽団(現在のSi On)の宮川彬さんは
「題名のない音楽会」で
ハノンをリズムアレンジしながら楽しそうに弾いていました
やってるうちに楽しくなるのだろうか?

継続は力なり

とにかく深く考えずに練習の最初の10分はやって行こうと思います。

昨日は夜中にパニック発作が何度も起きて結局一睡も出来ず
昼頃には頭が痛くなって夕方まで横になっていました。

しかしさすがにこれだけ弾いてないと危機感

奮起してFrankを出してきて練習しました。

先日、「見上げてごらん夜の星を」1番チェロのパートを録音出来なかったので
今日はまずピアノで録音。

これに合わせて2番チェロをこってり練習しました。
2時間ひたすらコレばっかり

今まで2番チェロだけ弾いていたので
「なんのこっちゃ?」
って感じだったけど、録音に合わせると他のパートの動きが分かって
リズムも音程も格段に取りやすいです

ああ。。。今日は出かけるので実質、火曜日と水曜日しか練習する時間がない。
…と毎回同じことをぼやいてます。

一昨日は腐海化した家中の大掃除
昨日もその続きで余り練習時間が取れなかったのですが
今週は休講がないのでサボるわけにも行かず
とりあえず今までの課題はさておき
新しい課題の譜読み

今回の課題は4楽章まである(と言っても短い曲だけど)第1楽章です。
IMG_20150509_0001
3ff2b7df-s


ふ~ん。第1~第4までのポジション移動か~

とは言え跳躍的なポジション移動ではなく指の置き換えなので
大きく音程が狂う事はないかな?

と言う事で楽器を出してきて初見。

初見が苦手な私でも、バッハの頃よりやや古い曲なので
次の音の予測が出来る。
初見でも最後まで止まらずに弾けました。

実質楽器を触れる時間は30分ほどしかなかったので
何回か通しただけですがこれは1週間しかなくてもソコソコ形に出来そうです。

これよりも以前から出てる課題のシューマンの「子供の情景・第8曲」と
「見上げてごらん夜の星を」の方が大変かな~~~?

日付が変わったので昨日の話になりますが
今日は1時間半ほど練習。

ロンベルグの小品2曲と「暖炉のそばで」はサラッと流す程度にして
今日はみっちり「イパネマの娘」をやってました。

今までは曲を区切って出来ないパッセージだけをやっていたのですが
今度の木曜日のレッスンまで3日しか練習出来ないので
今日からは冒頭からFineまでの通し練習に入りました。

テンポはやや速くなって=92ぐらい?
段々ラテンっぽくなってきました。

明日(ん?今日だ。)は主人が休みで家にいるので
弾けません。

あと二日で形にしなきゃな~~

一昨日のコンサートで年甲斐もなく踊って飛んで、拳を振り上げていたせいで
昨日は筋肉痛の洗礼。。。

それでも、宿題の完成度が低いので16時ごろから楽器を出して練習。
筋肉痛の手には弓が重いのなんのって
途中で手がプルプルしてしまいます。

IMG_20150405_0002
IMG_20150405_0001
6FQBRI5M

子供の情景、ロンベルグの小品2曲、アヴェ・ヴェルム・コルプス
だけでみっちり3時間。

それでも1発で弾けるようにはなりません

結局一番の難題の「イパネマの娘」まで手が回りませんでした。

明日は病院なので1日出掛けるので残りの練習は水曜日だけです。
あ~、今回はA木さんに申し訳ないけど合格は無理そう

前々回のレッスンで出た「イパネマの娘」。

誰ですか音域が簡単とかリズムをどうにかしたらすぐに弾けるとか
書いてたのは

この半音進行もリズムもメチャクチャ難しいではありませんかっ

打楽器の基本に戻って
メトロノームに合わせて歌ってみる。
手で叩いてみる。

ここまでは完璧にリズムを押さえられているのに
弓を持ったら裏拍が取れない。

何でやね~~~ん(叫)

===========
その次の回で出たのは
シューマンの「子供の情景」の第8曲「暖炉のそばで」
(ちなみに有名な「トロイメライ」は第7曲です。)

IMG_20150405_0002
第4ポジションが出てくるけど
これは何回か弾いたら形にはなってきた。

IMG_20150405_0001

このロンベルグの小品は音符だけ見たら楽勝なのに
ポジション移動が指示されている。

何でわざわざ弾きにくくするかな~~~

短い曲ばかりとは言え宿題5曲
1回休講だからってサボらずに頑張ろう。



タイトルは練習日記ですが昨日もチェロは触ってません。
やっとこさっとこ
「となりのトトロ」の譜面起こしが終わったのが18時を回っていたので
時間も中途半端なので「イパネマの娘」の譜読みだけ。

イパネマの娘コピー
イパネマの娘2コピー

調号はF‐Dour。
出てくるのは第一ポジションと第二ポジションだけなので
左手は大して難しくなさそうです。

問題はBから2拍3連を基本に動く事と臨時記号の半音を
うまく音程が取れるか?
のようです。

後は譜面通りにベタ~~~ッと弾くのではなく
いかにボサノヴァっぽくフレーズの終わりを「抜く」か?
ラテンの雰囲気づくりだと思います。

さて。
明日、明後日の2日間で形にしなきゃ

金曜日は主人が休みだったのでチェロケースは開けず。

特段何が忙しかったわけではないですが
昨日もサボってしまい、やっと今日、今週の課題に取り掛かりました。

まずレッスンで指摘されている弓順の修正。
早いパッセージだと弓の運びを直すのに苦労するけど
スローテンポなので問題なく解決。

1曲合格して今回の課題は3曲になったので
気分的には随分楽です。(だからサボろうという訳ではないです、決して。)

トトロはともかくRondoはかれこれ3か月持越しの課題なので
そろそろ卒業したいんんだけど
何せ長いので
「何処其処が出来ない。」
と言う以前に途中でくたびれてしまいます。
。。。って事は、どこかに無駄な力が入ってるんだろうな~。

このページのトップヘ