楽器大好き!

趣味は「楽器演奏」   。。。ならぬ「楽器収集」

練習グッズ・アイテム

弓ケース買いました。

定期演奏会の話の途中ですが…
今日はチェロの話です。

9日に足をケガしてから4日目
ようやっと松葉杖1本で歩けるようになりました。

。。。が、しかし。
23日のレッスンは相方の娘さんの結婚のお祝いも持っていく事になってるし
その約束がなくてもこの状況でFrankを連れて歩くのは無理がある。

今回は教室のチェロを借りるしかないのかな~と早々に諦め
弓だけを持って行く事に決定。

以前教室の楽器を借りた時は弓も借りたのですが
余り毛替えしてないのか
弓毛そのものも3分の2程度しかなく
松脂を塗っても塗っても弦に引っ掛からない状態だったので
やっぱり自分の弓がイイな~と。

教室の楽器を使っておられる方で
サランラップに巻いてトートバックにブスッと長ネギみたいに突き刺して持ってきてる人がいるんだけど
何かの拍子に折れそうで怖い(><;)

…っと言う事で弓ケースを買いました。

ネットで見ていると色々あるのね~

2本入れられて横開き型で
肩掛けストラップが付いているものを探しました。

それが昨日到着

DSC_0183

我が家のお猫様は興味津々。

DSC_0186



DSC_0185

思ったよりズングリと太い印象だけど
外側についてる小さいポケットも松脂やクロスを入れられて便利そうかな?


付属品不足

先日、「スケール レッスン」の教則本と一緒にポチったオーケストラ・ライトが来ました。

近頃譜面が読みにくいのはあくまでも暗いからだと思いたいワタクシ

↑↑
老眼とは認めたくないヒトσ(^^;)

puffer-173


ところがUSBコードが付いてる物をわざわざ選んで購入したのに
コードが付いていません

仕方なく返品手続きをして代替品を注文しました

いつ届くんだろう~?

ドラムが囲われている理由

一緒に通院している吹奏楽部時代の後輩から
「よくテレビでドラムが囲われてるけど、そんなにしょっちゅうスティック飛ばす?」
と聞かれました。

確かにスティックそのものと言うより、折れた先が飛んでいくことはままありますが
あれはそのために立てられているわけではありません。
周りからの音を遮断するためです。

ドラムは何本もマイクを立てて、それぞれのの太鼓類から出てくる音を捉えます。
ドラムの音を立体的に再現するためです。
しかしこれは周りのドラム以外の音が拾いやすくなることでもあります。
そこで,周りからの音を遮断するために囲いを立てているのです。
逆にドラムの音は大きいので
他の楽器のマイクにかぶる音を減らす効果もあります。

バイオリン、フルート、ピアノなどのレコーディングでも使われますが
その楽器の音だけを拾いたいために周りの音を遮るのに囲いを使います。

clear


この手の楽器は
ドラムと違って音が大きくありません。
そのため、マイクの感度を上げてアンプで増幅するので
マイクに周囲の音も入るとハウリングの元になります。
それを防ぐためなのです。

あの遮音板の名前は「カルミル」といいます。

Frankの寝床②  ~ケースの持ち運び問題~

2007年4月。自損事故で右肩の鎖骨を骨折しました

近くの病院で治療していましたが度重なるミスに遭い4回の手術でも付かず
某大学病院で13時間。動脈と足の骨の移植手術を受けてやっとくっつきました。

もう、持ってくる骨もないのでくれぐれも肩に荷物をかけないように言われています。

=======================

ハードケースにはリュックみたいに背負えるようにストラップが付いてはいるけど
手術後、右肩にかけられないので
鞄もケースも左肩にかけてるうちに負担が掛かって
最近ずっと左肩が痛かったのです。

楽器には振動も禁忌なんだろうけど一昔前の5㎏ほどの
グラスファイバー製のチェロケースが出回っていた時代はキャスター付きもあったことだし。。。
このまま肩を痛めて弾けなくなるよりはイイかな~?
と、ケースにキャスターを付ける事に…

とはいえ、インパクトで穴をあけてビス止めしたら防水じゃなくなるし。
強度に不安はあるけど両面テープしか思いつかず
ホームセンターで強そうな(?)テープを買ってきて貼り付けて…。

24472089_2094805845_97small


24472089_2096481265_214small



これでなめらかで平坦な所(駅のリノリウムの床とか)は転がして移動。
かなり移動は楽になりました。

Frankの寝床①  ~ケース内環境~

今日はわりとゆっくり練習時間が取れたので
宿題4曲をさらう。

今日は練習日記ではなく楽器ケースのお話です。


Myチェロ「Frank」は決してグレードの高い楽器ではないけれど
鳴りに惚れ込んで購入、先生からも「良く共鳴する楽器」とお墨付きなので
それなりに大事にしています。

楽器を触る前には指輪を外す。
ボタンが当たる場所はハンドタオルでガード。
車の中に放置しない
なとなど。

で、ネット散歩をしていると
擦弦楽器の湿度管理についての記載を見つけたのです。

バイオリン属の弦楽器は各パーツの接合にはすべて膠が使われていて高温多湿に弱く
接合部が離開することがままあるのだと。
至適湿度は50%前後。
乾燥し過ぎれば割れるし膨張すれば歪む。

ふ、ふ、Frankが割れるですって 
 
やっぱり日本で楽器をやる以上、湿気対策は必要。
この間、買ったままになってた
「モイスレガート」と言う調湿剤を早急に入れる事にします。

十字屋で聞いてみたら
「チェロ用はありません。」
とキッパリ言われた。

でも、そんなはずはない。

ピアノ用もバイオリン用も木管楽器用もコントラバス用も出ていて
チェロだけ湿気対策がないはずがない。

今度は店頭でなく教室のフロントで聞いてみました。
「あ、ありますよ~。」
と。

そら見ろ~~~

24472089_2094804839_130large


5000円はちょっと痛いけど湿気でひび割れさせてン万もかけて修理するよりマシ。
と、これを使うことにしたものの。。。
このままケースにペロ~ンと入れたら楽器と常に擦れる。

バイオリン属のニスは柔らかいので少しの摩擦でもキズになってしまう。
(最終的には楽器の側面と足が当たるところが剥げては来るんだけど。)

…ってなわけで、薄いフェルトを買ってきてカバーを作ってみました。
ついでに譜面ポケットも。

24472089_2094805867_7small


写真の黒いものがモイスレガート。

24472089_2094804836_153small

縫い付けるのも面倒なので
固定はマジックテープをグルーガンを使って貼り付ける。

こんな感じ。

24472089_2094805859_237large
 

と安心したのもつかの間。
また新たな心配が湧いてきました。

「で、これで50%が維持できているのか?」

モイスレガートだけで調整しきれなければダンピットと言う加湿器具や
除湿剤も使わなければいけない。


と言うわけで今度は楽器ケース用の湿度計を購入。
24472089_2119962480_156large

去年暮れ、Frankの健康診断の為に工房に持って行ったときの職人さんのお話によると

「モイスレガートは調湿剤なので乾燥が強い時は
加湿霧が不十分かもしれません。
湿度計を入れておられるのでちょくちょくチェックして頂いて
45%を割り込むようなことが続く時は
ダンピットなどの加湿器具を入れた方がいいですね危険・警告。」
と…。

それから数日、ケースをあける時は湿度計をチェック。
ケース内湿度は43~46%。

冬場はやっぱり加湿したほうが良さそうです。
弦楽器の加湿器具の代表格がダンピットと言うもの。

24472089_2120179021_75small

この緑のホース状の物の中にウレタンが入っていて
水を染み込ませて
楽器のF字孔から楽器内に差し込み、
ホースに空いた穴から放湿されるというものです。

しかしですね。
F字孔と言えば弦楽器のボディーで一番弱い所。
しかも楽器の胴体の中には表板と裏板の間に挟まっている棒(魂柱)もあります。
これも倒れるトラブル衝撃が多い。

。。。なので、楽器内部に物を差し込むのに抵抗がありましたがく~(落胆した顔)
 
何か良い知恵はないものか?

と 探したところ
じゃ~~~ん 秘密兵器発見


HUMISTATと言う物。

24472089_2128801974_62large


中にフェルトが入っていて茶色い蓋を外して水を入れる。

このアイテムの良いところは横にベントが付いていて
本体を回すと通気窓の空き具合を調節出来るので湿度をコントロールしやすいのです。

ひと冬使ってみましたが中々使勝手がいいですね。
横のベントが調節できるので乾燥する季節も50%を保つことが出来ました。

そして今日もFurankの寝床は湿度49%

DSC_0097


HUMISTAT中々お勧めです。

Frankが来た日

2013年9月21日、のちに「Frank」と命名されるMyチェロが届きました。

24472089_2000483942_240large4

箱を開けたら緩衝材がぎっしり。

24472089_2000553893_236large

24472089_2000585833_130large



嬉しいのは嬉しいけど
何だかまだうちの子になった感じはなかったです。
レンタル器の方が愛着があったけど…。

弾いてるうちに可愛くなって来るのかな?
という感じでした。

譜面起こし~おすすめの譜面作成ソフト~

一昨日のブログで昨日は新しい課題の「イパネマの娘」を練習すると書いて置きながら
またまた練習はせず

いやいや、決してサボってるわけじゃないです

先日合格した「となりのトトロ」。

トトロ1トトロ2


純粋にこの譜面通りにやっていたのではなく
先生がデュオを組んでいるギタリスト
高井さんの伴奏の録音合わせてやっていました。
後奏は先生のアドリブ。

合格はしたものの相方のA木さんが
「レパートリー化するために先生のアドリブ部分の譜面が欲しい。」
と言い出し
アレンジ譜を起こしてくる事になったので
その宿題をやっていました。

ところで皆さんは譜面起こしや写譜はどうしてますか?
手書き?それともパソコン打ち

私のお勧めはパソコンの「MuseScore」というソフトです。
フリーソフトですが使いやすい。

https://musescore.org/ja

連桁とかはちょっと音符の括りを調整できないのですが
十分使える楽譜を書く事が出来ますよ

主人からのプレゼント

2013年7月半ばのとある日。
主人がなにやらプレゼントを買って帰ってきてくれました。

何かと思ったらICレコーダー

24472089_1974070823_125large


「ヤマハ大人の音楽レッスン」の会則では
レッスン中の録音カラオケ、録画映画は禁止されている禁止

でもチェロ科は先生が許可しているので録音して良い事になってるのです。

んで。
同じクラスのA木さんがICレコーダーカラオケを使っていて
「先生の伴奏を聴きながら練習すると
自分の音が合ってるのか狂ってるのかがわかりやすくていいよ~。」
と勧めてくれていたのでした。

私はスマホのボイスレコーダーアプリを使っていたのだけど
いちいちロックをい解除してアプリを出して…
その間、先生とA木さんを待たせることになるので使うのをやめていたのです。

で、旦那にその話をした事も忘れていたけど
ボーナスドル袋時期だけの「特別従業員販売」で買っておいてくれたのだとか。 

音程を変えることなくテンポを速くしたり遅くしたり出来るので
今も練習には重宝しています。

楽器を習われている方にお勧めですよ。
 

ボウイング矯正ギプス???

チェロを習い始めて3ヶ月目。

いつも同じ事を先生に注意されていました危険・警告

「弓は弦に対して 常に直角でないといけません。コンタクト・ポイント(弓が弦に乗っている所)は、移弦しても同じ高さ、保って下さい。」
と。。。

姿見の前で練習するんだけど
ついついアップ・ボウ(左に押す)時に、斜め下向き
ダウン・ボウ(右に引く)の時に斜め上方向に引き上げてしまってました。

これが癖になってしまう前に
どうにか矯正する必要があります。

んで。
弓を買ったお店で秘密兵器を購入。
24472089_1936486809_31large

コレをどう使うかと言うと

24472089_1936486807_117small


こうやって指板の下の方を挟んで装着。

24472089_1936486811_214large


2本のワイヤーの隙間しか弾けない状態にするのです。
名付けて「筋力養成ギプス」ならぬ「ボウイング矯正ギプス」exclamation & question

。。。しっかし。。。
この針金を曲げただけのモノが8000円弱ってたらーっ(汗)

でも、これで癖が治ったら
キィキィ音衝撃はマシになるはずだし。

と、このアイテムを付けて練習する事2週間。
次のレッスンではすっかり癖が治っていました

先生はびっくりして
「どうやって練習したんですか?」
と聞かれたのでこのアイテムを紹介。
先生が
「研究したいので貸してください。」
と仰ったのでお貸ししました。

先生も2週間ばかり使ってみたそうですが
「いや~。これで練習するのは結構苦行ですね。」
と。

でも、効果は絶大だったので8000円も無駄ではなかったと思います。

店長さんからの手紙


昨日、パーチメントとして使う羊皮紙が届きました


HCHRTSSH


元々バスドラムとかタンバリンの皮だったのかこんな形ですが
長辺18cmで1000円とはかなりお手頃です

よその楽器店では↓↓

img57535761

このようにカットされたものが1弁150円でした。

ここのお店。
楽器の購入前の相談から大変親切でした
今回も商品郵送だけでなく、貼り方が細かく書かれた手紙が同封されていました。

41K6R0EC
PJ5UUPH0

たかだか1000円ほどの買い物なのに
いつも気さくに相談に乗って下さる店長さんのお人柄に
いつも頭が下がります。

弦楽器初心者の私としては本当に心強い

膠も届いたので日曜日にでも貼ってみようと思います。

※この楽器店は静岡県焼津市にある「リンツ楽器」さんです。
リンク集にありますので是非ホームページをご覧ください。
livedoor プロフィール